健康

葉酸サプリはなぜ必要?おすすめする理由を詳しく解説します

Pocket

妊娠中あるいは妊活中の方であれば、「健康な赤ちゃんを生むために葉酸サプリは必須!」といった情報をご存知のことでしょう。妊婦さんにとっての葉酸の重要性は、雑誌やテレビなどで頻繁に取り上げられています。

葉酸サプリの摂取は厚生労働省でも推奨しており、その必要性の高さは確かです。ただちょっと気になるのが、サプリによる葉酸の摂取が必要とされる理由。

葉酸は食事からでも摂取できます。にも関わらず、なぜサプリメントによる葉酸の摂取が必要とされているのでしょうか。葉酸サプリの選び方も気になるところです。葉酸サプリにまつわる疑問の答えを、本文で詳しく解説します。

スポンサーリンク

葉酸サプリが必要な理由

葉酸(folic acid)は、「ビタミンM」や「ビタミンB9」とも呼ばれる水溶性ビタミンです。ホウレンソウや海苔、パン酵母などの食品に葉酸は含まれています。つまり冒頭でも触れたように、サプリメントがなくても葉酸の摂取自体は可能です。

ところが厚生労働省では、妊活を始めた段階で葉酸サプリを摂取すべきだと提唱しています。また多くの産婦人科では、出産を終えて授乳期に入ったママさんにも、葉酸サプリの摂取を推奨しています。

簡潔にいうと、妊娠を望みはじめた段階から赤ちゃんが卒乳するまで、サプリメントによる葉酸の摂取が必要と考えられているのです。なぜ、これだけの長期間にわたって葉酸サプリが必要となるのか、妊活中と妊娠中、授乳中に分けて理由を見ていきましょう。

● 妊活中

妊活中の女性に葉酸サプリが必要となる理由として、以下の3つがあげられます。

  1. 貧血を改善・予防する
  2. 子宮内膜を厚くする
  3. 妊娠に備えて葉酸の血中濃度を高める

多くの女性を悩ませる貧血は、妊娠の妨げとなる場合があります。貧血とは、血中のヘモグロビンが不足している状態です。ヘモグロビンの不足は体の機能低下をまねき、結果的に不妊の要因となります。

そんな妊活の敵である貧血への対策に役立つのが葉酸サプリです。葉酸には造血作用があり、積極的に摂取することで貧血を改善・予防できます。つまり、サプリメントで効率的に葉酸を摂取することで、妊娠しやすい体調を維持しやすくなるというわけです。

葉酸サプリのもつ造血作用には、子宮内膜を厚くする効果も期待できます。子宮内膜を厚い状態、つまり着床しやすい状態にするには、子宮の血流を促進させることが肝要。葉酸の造血作用で血行を高めれば、子宮に血液が回りやすくなります。結果的に子宮内膜が厚くなり、着床しやすい状態に整う可能性があるのです。

もう一点、血中濃度について。葉酸サプリを摂取したからといって、即座に体内で変化が起こるわけではありません。葉酸の血中濃度が高まってはじめて、サプリメント本来の力が発揮されるのです。

お腹の赤ちゃんに好影響が出るレベルまで葉酸の血中濃度を高めるには、1ヶ月間ほど葉酸サプリを摂取し続ける必要があります。このため葉酸サプリの摂取は、妊娠1ヶ月前からはじめることが理想的です。

● 妊娠中

妊娠中、とくに妊娠初期は、重点的な葉酸摂取が必要な時期です。より正確にいえば、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月目までの期間は、サプリメントによってしっかり葉酸を摂取しなければなりません。

というのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、お腹の赤ちゃんに悪影響が出る可能性があるからです。赤ちゃんの脊髄や脳などの神経細胞は、妊娠7週目までにその大半が形成されます。つまり、赤ちゃんの重要な細胞は、妊娠初期に形作られるのです。

重要な神経細胞が形成される時期に葉酸が不足すると、赤ちゃんに重い障害が残る可能性があります。というのも、葉酸のもつ細胞分裂を促す作用が、赤ちゃんの成長に不可欠だからです。

妊娠初期に葉酸が不足することで危惧される障害としては、「二分脊椎」や「無脳症」があげられます。どちらも「神経管閉鎖障害」の症状であり、死産となるケースの多い障害です。

とはいえ、これら神経管閉鎖障害が発生する確率はさほど高くありません。1998年のデータで10000人に6人。今はもっと減っている可能性もあります。私の周りでそのような障害を持った子の話を聞いたことがありません。

必要以上に不安にならないで欲しいですし、他のサイトの不安を煽るような記事を真に受けないで欲しいです。

● 授乳中

出産を終えて授乳期に入ると、妊娠中とは違った理由で葉酸サプリが必要となります。葉酸サプリの摂取が推奨される主な理由は、以下の3つです。

  1. 豊かな母乳づくり
  2. 産後のダメージからの回復
  3. 抜け毛予防

母乳は血液を素にして作られます。このため栄養満点の母乳を出すには、十分な量の血液が必須です。葉酸サプリの造血作用は、豊かな母乳づくりをサポートしてくれます。

産後の母体の回復にも、葉酸サプリは役立ちます。出産はとてもエネルギーの要る作業。赤ちゃんを産むことで母体が負うダメージは、想像以上に大きいものです。葉酸のもつ細胞分裂作用は、母体の回復を促してくれます。

最後に抜け毛予防について。産後はホルモンバランスの急激な変化が起こり、髪の毛が抜けやすくなります。女性にとってはショッキングなことですよね。でもご安心を。葉酸にはホルモンバランスを整える働きがあり、産後の抜け毛予防に一役買ってくれます。

以上の解説で、妊活中から授乳期まで葉酸サプリが必要となる理由をご理解いただけたでしょうか。

【重要】妊娠のしやすさとは関係ない

葉酸サプリを検討している方のほとんどは、不妊に悩まれている方ではないでしょうか。おそらく「葉酸サプリを飲んだら妊娠するかも」と思っていることと思います。

でも実際のところ、葉酸と妊娠のしやすさは関係ありません。厚生労働省も葉酸の摂取を推奨していますが、それは先ほど述べた神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するためであり、妊娠しやすくなるからでは決してありません。

どのサイトも、どの販売者も、「妊活におすすめ」と言って子供ができやすくなるような印象を与えていますが、それは不妊に悩む人を騙していることになります。

このブログではあくまでも、健康な赤ちゃんを生むため・母体が健康でいるために葉酸サプリを摂取することを推奨します。

今不妊で悩まれている方は、婦人科で相談したり検査を受けて妊娠しやすい環境を整えたり、どうしてもの時は不妊治療を開始する必要があります。

決して、葉酸で不妊を解消しようなどとは思わないで下さい。

葉酸サプリメントを選ぶときのポイント

葉酸サプリと名の付く商品は無数に存在しています。ただし、どのサプリメントを選んでも同じ、というわけではありません。葉酸サプリを選ぶ際は、以下でご紹介するポイントを守ってください。

● 合成葉酸であること

葉酸サプリに含まれる葉酸には「天然葉酸」と「合成葉酸」の2種類があります。天然葉酸は食事でも摂取できるタイプの葉酸で、合成葉酸は科学的に合成されて作られる葉酸です。

天然葉酸と合成葉酸では、特性が異なっています。とくに違っているのが、体内での利用効率です。天然葉酸の利用効率は、合成葉酸の50%程度とされています。つまり、同じ量を摂取した場合だと、合成葉酸のほうが体に吸収されやすいのです。

この特徴の違いから、妊活中や妊娠中の方は合成葉酸を配合したサプリメントを摂取するべきといえます。ただし、天然葉酸を含むサプリメントが不要というわけではありません。この点については、後ほど解説いたします。

● 必要な量を摂取できること

妊活中や妊娠中は、推奨される葉酸摂取量が大幅に増えます。葉酸サプリを購入するなら、必要十分な葉酸を摂取できる商品を選ぶべきです。

詳しくは後述しますが、妊活中から妊娠初期にかけては、通常時の240ug(マイクログラム=0.24mg)にプラスして400ug(0.4mg)の葉酸摂取が推奨されています。

プラスの400ugは、合成葉酸での摂取が必要です。葉酸サプリを選ぶ際は、400ugの摂取が可能であるかどうかを選択基準の1つとしてください。

● 飲みやすいこと

いかに効果的なサプリメントであっても、飲みにくいものは継続して利用できませんよね。とくに匂いが気になるサプリメントは、飲み続けることが困難です。

嗅覚が敏感になる妊娠中であれば、なおのこと匂いが気になるはず。葉酸サプリを購入するなら、匂いが少なく飲みやすいものを選ぶべきです。

● 葉酸以外にも必要な成分が含まれていること

妊娠中に摂取量を増やすべき栄養素は、葉酸だけではありません。鉄分やビタミンB12、亜鉛といった成分の摂取も妊婦さんや授乳婦さんには必要です。

とはいえ、それぞれの栄養素を1つずつサプリメントで摂取するのは手間ですし、経済的ではありません。葉酸サプリを購入する際は、各種の必要成分も含まれている商品を選んだほうが賢明です。

● 不必要な成分が含まれていないこと

最近葉酸サプリと銘打つ商品の中に、美容成分が含まれている物が増えてきました。美容と聞くと、女性であればつい心動かされるかもしれませんね。しかし、美容成分が含まれている葉酸サプリは、購入すべきではありません。

葉酸サプリに含まれる成分は、お腹の赤ちゃんや母乳を飲む赤ちゃんに影響を及ぼします。デリケートな赤ちゃんの体に、よくわからない美容成分を与えるのは好ましいとは言えません。赤ちゃんの健康を考えるなら、美容成分の含まれない葉酸サプリを選んでください。

● 各種検査を実施していること

葉酸サプリは、アレルギー性のある原材料を含まないものを選んでください。妊娠中に卵や小麦、甲殻類といったアレルギー性のある食品を多く摂取すると、赤ちゃんが食物アレルギーになってしまう可能性があります。

葉酸サプリを選ぶ際は、検査によってアレルギー性物質が含まれていないことが証明されている商品を選びましょう。また、放射能残留検査を受けているかどうかも、しっかりチェックしてください。

● 原材料の産地(国)が明確であること

大切な赤ちゃんの栄養となる葉酸サプリは、原材料の産地がはっきりしたものを選びたいところです。重要なポイントは、最終加工国ではなく原産国を明示している商品を選ぶことです。

最終加工国と原産国では、意味が大きく違います。たとえば原材料が中国製でも、加工を日本で行っていれば最終加工国は日本となります。

つまり、最終加工国のみが記載されているだけでは、原材料が安全かどうか判断できないのです。より安全性の高い葉酸サプリを利用したいなら、原材料の産地が明確な商品を選んでください。

● GMP認定工場で作られていること

高品質な葉酸サプリを選びたいなら、生産工場もしっかりチェックするべきです。気になるサプリメントが見つかったら、「GMP認定工場」で生産されているかどうかを確認してください。

GMPとは「Good Manufacturing Practice」を略した言葉です。簡単にいうと、原材料の入荷から製造、出荷までの安全性と品質が保たれている工場だけがGMPの認定を受けられます。

GMPは国際的な基準であり信頼の証です。葉酸サプリを購入する際は、GMP認定工場で生産されているものを選んでください。

● 定期コースに縛りがないこと

インターネット通販で購入できる葉酸サプリには、定期コースが設けてあるものが少なくありません。定期コースは、商品を単品よりも安価に買えるお得なサービスです。

ただし、コースの最低購入回数に縛りがある場合は要注意。商品が気に入らなかった場合でも、一定回数の購入が済むまではコースを解約できません。

定期コースの縛りがある葉酸サプリを購入すると、商品が口に合わないと感じても、しばらくは同じサプリの購入を強いられることになります。葉酸サプリを定期コースで購入するなら、購入回数に縛りのない商品を選んだほうが賢明です。

● 全額返金保証があること

葉酸サプリは食品であり、飲む人との間に相性があります。購入して口に合わなかった場合は、お金をドブに捨てるような結果になりかねません。

しかし、全額返金保証のある葉酸サプリなら、万が一味や匂いが気に入らなかった場合でも商品代金が返ってきます。葉酸サプリを購入する際は、全額返金保証がついていることを確認してください。

● 時期別に製品が分かれていること

多くのメーカーにおいて、葉酸サプリは1種類しか販売されていません。しかしごく少数ながら、妊活中、妊娠中、授乳中の3段階に分けて、各時期に対応する葉酸サプリを販売しているメーカーが存在します。

なぜ商品を3種類に分けているのかというと、必要となる葉酸の量や種類が時期によって違うからです。以下の表をご覧ください。

天然葉酸 合成葉酸
通常時 240ug
妊活中 240ug 400ug
妊娠初期 240ug 400ug
妊娠中期〜出産 480ug
授乳期 340ug

上記の表は「国民生活センター」の報道発表資料をもとに作成しています。妊活中から妊娠初期までは、食事から摂取できる天然葉酸240ugにプラスして、合成葉酸400ugの摂取が必要です。

一方、妊娠中期以降は、天然葉酸のみによる480ugの摂取が推奨されています。授乳期も同様で、天然葉酸による340ugが必要です。

このように必要な葉酸のタイプが時期によって異なることから、葉酸サプリの種類も時期によって変えるべきといえます。

もう一点付け加えると、葉酸以外に摂取するべき栄養素も、時期によって異なります。こうした点を考慮すると葉酸サプリは、妊活から授乳までの時期ごとに合わせた商品が用意されていることが望ましいといえるのです。

全てクリアした製品は?

前節で解説した条件をすべて満たせるサプリメントとして、ゲンナイ製薬株式会社の「プレミン」があげられます。

プレミンの主な特徴を列挙してみましょう。

  • 妊活中、妊娠中、授乳中に合わせて3種類のサプリをラインナップ
  • 不要な美容成分は未含有
  • コーティングにより気になる匂いをカット
  • 最終加工国と原産国の両方を公表
  • GMP認定工場で生産
  • 第三者機関による食物アレルギーと放射性物質の検査を実施
  • 定期コースの回数縛りなし
  • 安心の全額返金保証付き

以上のように、プレミンは葉酸サプリ選びのポイントをすべて満たしています。

プレミンの商品ラインナップは、「プレミン」「プレミン16w」「プレミンママ」に男性用の「プレミンmen」を含めた4種類。女性用のサプリメントは、各商品で葉酸のタイプと含有量が異なっています。

商品名 プレミン プレミン16w プレミンママ
対象時期 妊活〜15週目 16週目〜出産 授乳期
葉酸の含有量
(葉酸の種類)
400ug
(合成葉酸)
250ug
(天然葉酸)
120ug
(天然葉酸)
含有ビタミンとミネラル 14種類
(葉酸メイン)
15種類
(鉄メイン)
16種類
(ビタミンAメイン)+DHA

無数に存在する葉酸サプリのなかでも、プレミンのように時期に合わせた商品が用意されているものは例がありません。本当に信頼できる葉酸サプリをお探しなら、プレミンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

公式サイトを見てみる

関連記事

  1. 体験談

    コーヒーやカフェインをやめる具体的な方法

    以前、私が不眠症を改善させた方法は【3つの習慣】をやめたことという記事…

  2. 健康

    コンブチャって本当に体に良いの?色々調べてみた

    最近、コンブチャ・ダイエットが再流行なんて、雑誌や本に載っていて、ミラ…

  3. 健康

    首イボにクリアポロンや艶つや習慣は効果なし!皮膚科へ行こう

    今回は首イボがなくなるとネットで宣伝されている「首イボクリーム」の実際…

  4. 体験談

    私が不眠症を改善させた方法は【3つの習慣】をやめたこと

    私は小さな頃から寝付きが悪かったです。保育園ではお昼寝で寝ない子だった…

  5. 体験談

    【上がり症対策】βブロッカー「ミケラン錠」という薬が効いた

    人前で話す時に手が震える、声が震える、動悸がするという方は意外と多いと…

  6. 体験談

    次男が川崎病で入院した時のことを振り返る

    この記事は次男が罹った川崎病について書いています。ネットで情報を探すと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の5記事

アーカイブ

  1. 健康

    コンブチャって本当に体に良いの?色々調べてみた
  2. 仮想通貨

    【2018年2月】ブロックチェーンラボ:チャーリータカ氏の暗号通貨セミナー(仙台…
  3. その他

    アフィリエイト記事移転のお知らせ
  4. 仮想通貨

    ※追記あり【コインチェック流出事件】670万円のBCHを引き出せない!
  5. 健康

    首イボにクリアポロンや艶つや習慣は効果なし!皮膚科へ行こう
PAGE TOP