FOLIO(フォリオ)のテーマ投資に100万円を突っ込んでみた

Pocket

私は株と仮想通貨に投資していますが、最近新たにフォリオという証券会社を使って『テーマ投資』を始めることにしました。

ここではフォリオとはどんなものなのかを解説したり、実際の投資の流れを書いてみたいと思います。

※本記事は2018年6月9日に書きました。読むタイミングによっては掲載されている内容が変わっていることがあります。

スポンサーリンク

フォリオとは?

フォリオは日本に10年振りに誕生したオンライン証券会社で、フォリオでは株式投資をしていきます。

通常、株を買う場合はこれから伸びていきそうな会社を探したり、チャートを分析したりする必要があります。

または、自分の好きな商品やサービスを売っている会社を応援すべく株を買うという人もいます。ディズニーランドが好きだからオリエンタルランドの株を買う、毎日セブンイレブンで買い物をするからセブン&アイ・ホールディングスの株を買う、という感じですね。

私の場合、これから伸びていきそう且つ自分の好きなサービスということで、ZOZOTOWN(スタートトゥデイ)の株を持っています。

▼購入時は3,187円だった株価が、今では4,210円まで伸びて、214万円のプラスになっています。

ZOZOTOWNは何度か利用していますし、社長の前澤友作さんのツイッターもフォローしています。そして、この人面白いなぁ・この先のサービス展開が楽しみだなぁと思ったことが株の購入に繋がりました。そして運良くその株が上がってくれました。


【追記】その後暴落しました(笑)11月12日の時点で2,569円まで下がりました。個別株の怖さを味わいました。。


私のように応援したい企業があれば株式投資はそれほど難しくないかもしれませんが、その会社が今後も伸びていくかどうかは分かりませんし、「下がるかもしれない」と思うとなかなか踏ん切りがつかないものです。

従って、投資の初心者が個別銘柄を買うというのは難易度が高いと言えます。

前置きが長くなりましたが、そこで登場するのがフォリオです。フォリオでは特定の企業の株を購入するのではなく、テーマを選び、テーマに投資します

▼例えば、半導体材料、ドローン、サイバーセキュリティ、人工知能、自動運転車、コスプレ、VR、テレビゲームなどなど、全部で54のテーマがあります(2018年6月時点)。

▼それぞれのテーマは10社で構成されています。例えばサイバーセキュリティというテーマはこの10社です。

※フォリオ側が有望な10社を選んでおり、業績によってこの構成内容は変更されることがあります。

▼このテーマを一口購入するのに必要な金額は98,496円。

自分で個別に株を買おうとすると数十万円必要になるのが普通です。先程のZOZOTOWNの場合、100株単位ですから最低でも421,000円必要になります。それに比べると少ない投資金額からできますね。

そして一口買うだけで、10社に分散投資していることになります。素人は一社選ぶだけでも大変ですから、分散投資なんてなかなかできません。非常にありがたい仕組みです。

フォリオのメリット・デメリット

通常の株式投資と比べた時のメリット・デメリットを書いてみます。

◆ メリット

  • 自分で銘柄(会社)を選ぶ必要が無い
  • 少ない金額で投資できる(一口約10万円)
  • 1テーマで10社に分散投資ができる
  • 操作方法が簡単
  • 手数料が安い(売買代金の0.5%)

このようにメリットはたくさんあります。

◆ デメリット

デメリットは一つだけあります。自分で個別に株を買うのと比べるとリターンは少なめです。

▼この1年で一番伸びたテーマは『アンチエイジング』というテーマのようですが、それで+65.5%です。100,000万円が165,500円になる計算です。

アンチエイジングは十分な数字ですが、これは特別と言って良いです。

▼サイバーセキュリティというテーマだと+5,8%ですから、100,000円が105,800円になる計算です。ちょっと寂しいですね。。

というわけで、フォリオで投資金額を1年で2倍以上にするのはほぼほぼ無理だろうと思います。20%増えたら超ラッキーと思っていた方が良いです。

しかしこれは逆に言うと投資金額が大幅に減る可能性が少ないというメリットと捉えることもできますね。

従って、フォリオは何に投資したらいいかよく分からない方堅実に投資したい方におすすめします。仮想通貨とは真逆を行く投資と言って良いでしょう。

つまり、投資初心者向けのサービスと言えます。

ちなみに54テーマあるうち、この1年の運用成績がプラスになっているテーマが43、マイナスになっているテーマが11です。投資金額が減る可能性も少しありますので、その点を事前に理解しておく必要があります。これは投資ですから当然です。

口座開設の流れ

口座開設はとても簡単でした。流れに沿って進んでいけば大丈夫です。書類を郵送する必要は無く、ネットで完結します。

▼運転免許証やマイナンバーを送る必要があるのですが、スマホで撮ってアップロードすればOKです。

▼ネットでの手続きが完了してから4日後、このような黒い封筒が届きました。

▼認証用のQRコードが表示されています。それを読み取ってログインすれば認証完了です。それか、12桁の番号も記載されていますので、マイページにログインした後に12桁の番号を入力する方法でもOKです。

▼「ウェルカムレターの受け取り」にチェックが入っていればOKです。

▼あとは取引設定でアンケートに答えたり銀行口座や取引暗証番号などを設定することで、口座開設が完了します。

フォリオの口座開設をする

取引の流れ

買い方はとっても簡単。

1.買いたいテーマをタップして、

2.「カートに入れる」をタップして、

3.「注文手続きへ」をタップして、

4.取引コードを入れて「注文を確定する」をタップすれば完了です。

▼株式市場が開いているのは9時~15時です(11半~12時半は昼休み)。時間外に注文した場合、すぐにはマイページに反映されません。株式市場が開いている時に取引が行われ、マイページに反映されることになります。

設定さえ済ませておけば、楽天やAmazonのアプリで買い物をするのと同じぐらい簡単です。

チャートや企業情報を見て分析したり、ネットで情報を集めたり、指値を入れたりといった面倒なことが一切ないのが魅力ですね。

2018年7月24日追記・アプリが登場

これまではサイトでしか取り引きできませんでしたが、7月23日にアプリが登場しました。

アプリはとてもシンプルで、テーマの選択・資産の確認・アカウントの設定などが感覚的にできるようになっています。

操作もWeb版に比べて非常にスムーズです。フォリオをこれからやる方はダウンロードしておきましょう。

100万円分を購入

10月に世界同時株安があって以降、地合いの悪い(相場の状況が良くない)日々が続いていました。フォリオの公式サイトを見ても、ここ1年の運用実績がマイナスになっているものが目立ちます。

しかし、この一週間で見ると反発していますので、そろそろ良い頃合いなんじゃないかと思っています。

というわけで、数あるテーマの中からプラスになっている2つのテーマを選びました。『サイバーセキュリティ』と『キャッシュレス・ジャパン』です。

100万円で買えるだけ買いました。2018年11月12日時点で2つのテーマ合わせて約90万円を運用し、残金の9万円と合わせて総資産が99万円となっています↓

手数料はたったの4,500円でした。

(買った後に株価が少し値下がりし、手数料と合わせて8,524円の含み損益になっています。)

あとは日経平均が上がるのを待つだけです。結局のところ、どんなテーマを選んでも日経平均が下がればそのテーマも下がりますし、日経平均が上がれば各テーマも上がります。

従って、買うタイミングが一番重要ということになります。

また報告しますね。

フォリオの口座開設をする

 

関連記事

  1. 株トレード日記

    2018年は株の勉強や情報収集もしています。今年はもうあと2ヶ月もない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の5記事

アーカイブ

  1. アフィリエイト

    A8サイトコンテント2015は健康・ダイエット部門で2位でした
  2. アフィリエイト

    【書評】アフィリエイト上級バイブル – 齋藤ミナヨシ著
  3. 旅行

    【ANA国内線】iPhoneのWalletにモバイル搭乗券を追加する方法
  4. アフィリエイト

    シリウスVer1.5(β版)でサイト表示スピードを上げた方法
  5. 体験談

    台北でグローバルWi-FiとプリペイドSIMを使ってみた
PAGE TOP