買ってはいけない

育毛剤は効果なし?最適な薄毛対策を徹底解説

Pocket

ネットで育毛剤の情報を調べると、チャップアップを使って髪の毛が生えてきた、薄毛が解消したなどの記事が沢山あります。気になってAGAクリニックの医師に確認すると、必ずといっていいほど効果は期待できないと言われます。本当に、育毛剤は効果があるのでしょうか。それとも、効果はないのでしょうか。実際のところを調べてみたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

育毛剤の効果

最初に、気になるポイントが育毛剤の効果です。市販の育毛剤に髪の毛を増やす効果はあるのでしょうか。

● 育毛剤の本当の効果は?

育毛剤というと抜けてしまった髪の毛を新しく生えさせるものと思いがちですが、この効果を期待できるのは発毛剤です。育毛剤に期待できるのは、荒れた頭皮環境を整えて毛髪サイクルを正常に整えることです。つまり、頭皮の血行を促進する、皮脂の過剰な分泌を抑制するなどの作用で頭皮環境を整えて、今ある髪の毛を正常に育てる、抜け毛を予防するものが育毛剤です。あくまでも、今ある髪の毛を健康に育てるためのものなので、育毛剤を使ったからといって髪の毛のないところから髪の毛が生えてくることはありません。

育毛剤と呼ばれているものの中には、養毛剤に分類されるものもあります。養毛剤の働きは、今ある髪の毛を保護して抜け毛を予防することです。こちらにも、発毛効果は期待できません。育毛剤と養毛剤では、養毛剤の方が働きはマイルドと考えられています。

● 各社がハゲに効くと謳っているいる成分

「育毛剤は毛が生える」というイメージが強いので、発毛効果が期待できないというのは嘘ではないかと思う人が多いはずです。中には、メーカーがハゲに効くと謳っている成分が配合されているから効果はあるはずだと思う人もいるでしょう。

確かに、育毛剤にはハゲに効きそうな成分が入っています。代表的な成分として挙げられるのが、センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどです。センブリエキスには頭皮環境を整える働きが、グリチルリチン酸には皮脂の過剰な分泌を抑える働きが、ジフェンヒドラミンHCには血行を促進して皮膚の炎症を抑える効果があるといわれています。いずれも、何となく薄毛によさそうな効果です。しかし、改めて確認すると、肝心の「発毛」効果は期待できないことが分かります。

ほかにも、育毛剤には毛母細胞や毛根に働きかける成分や頭皮の硬化を改善する成分、5αリダクターゼの生成を抑制する成分などが配合されています。実際に配合している成分は和漢成分・植物成分など様々ですが、そのほとんどが医学的な根拠のない成分、あるいは十分な検証が行われていない成分です。もし、十分な効果があると確認されているならば医薬品成分(人体に劇的な作用を及ぼす成分)に指定されているはずです。

育毛剤は、頭皮環境を整えて今ある髪の毛を正常に育てる、抜け毛を予防するためのものなので、発毛までは期待しないほうが良いでしょう。

● 実際に発毛効果があるとされている成分

ここで気になるのが発毛を期待できる成分です。科学的な根拠のある成分を調べるため日本皮膚科学会が発表している「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」を参考にします。こちらは、皮膚科医から見て無効といえる科学的根拠に基づかない治療法が横行している現状を鑑み、科学的根拠に基づき成分ごとに推奨度を定めたガイドラインです。

ガイドライン中の「男性型脱毛症(AGA)に対し外用は有効か」という問いで、唯一、A(行うよう強く勧められる)に分類されているのがミノキシジルです(その他の成分で最高はC1(行うことを考慮しても良いが、十分な根拠がない)です。)。現在のところ、ミノキシジルは高い確率で発毛を期待できる唯一の成分と考えられています。

ミノキシジルを配合した「発毛剤」がリアップです。リアップは、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」を効果・効能にもつ日本で初めての製品です。現在のところ、ミノキシジルを配合したOTC医薬品はリアップだけです。

● その育毛剤にどれだけ成分が入っているのか?

育毛剤を評価するときは、有効な成分がどれだけ入っているか確認することも重要です。魅力的な成分を配合していても、配合量が少ないと期待する効果は得られません。育毛剤の中には、様々な成分を配合しているもののそのほとんどが水の製品もあります。このような製品を選んでしまうと、発毛どころか育毛も期待できません。

● 有効成分が入っていたとして頭皮に塗って効果があるの?

仮に、有効成分が入ったとしていても、頭皮に塗って発毛効果を得られるかは別問題です。先ほど解説した通り、育毛剤のほとんどが発毛を期待できる成分を含んでいないからです。壮年性脱毛症(男性型脱毛症)の方が頭皮環境を整える成分を塗布しても、基本的に髪の毛は生えてこないと考えられます。頭皮の荒れが脱毛の原因ではないからです。髪の毛を増やしたい方は、科学的根拠に基づく対策を立てることが重要です。

● でも髪が生えてきたってサイトが多い

以上を理解すれば、一般的な育毛剤に発毛効果を期待できないことが分かるはずです。発毛効果を堂々と謳っている育毛剤もありません。では、なぜ育毛剤で髪が生えてきたというサイトが多いのでしょうか。

このようなサイトのほとんどは、育毛剤を販売しているメーカーから支払われる広告費を目的にサイトを運営しています(アフィリエイト)。そのサイトを経由して育毛剤が1本売れることで、紹介料として1万円や2万円といった報酬をサイト運営社が手にしているのです。

また、サイトの中には育毛剤を販売しているメーカーが直接お金を払っているものもあります。いずれにせよ、育毛剤を売ることを目的にしたサイトなので、掲載されている情報は全く信用できません。

AGAの原因から育毛剤を考える

育毛剤選びにお悩みの方は、AGAの原因を抑えておきましょう。原因が分かれば、選ぶべき育毛剤も分かります。

● AGAの原因

AGAの最も大きな原因とされているのが男性ホルモン・テストステロンの影響です。テストステロンが毛乳頭細胞に取り込まれると、5α還元酵素の働きで活性の強いジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。DHTが毛乳頭細胞内の受容体と結びつくとTGF-βというサイトカインが作られて毛髪サイクルは退行期へ移行します。その結果、通常は2~7年あるとされる髪の毛の成長期が数カ月~1年程度に短縮されます。すると、髪の毛が太く・長く成長できなくなります。あるいは、退行期・休止期に移行した髪の毛が再び成長期に入れなくなるため髪の毛がなくなります。これらの結果、薄毛が進行してくのです。

● AGAに有効な成分はフィナステリドとミノキシジル

現在のところ、科学的な根拠があるAGAに有効な成分は、フィナステリドとミノキシジルだけです。フィナステリドは、5α還元酵素の働きを阻害することでテストステロンからDHTの変換を抑制します。DHTが減れば抜け毛も減ります。ミノキシジルが発毛を促す成分であるのに対し、フィナステリドは脱毛を防ぐ成分です。

フィナステリドも、「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」の中でA(強く勧められる)に分類されています(「男性型脱毛症にフィナステリドの内服は有効か?」)。「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」でAに分類されている成分はフィナステリドとミノキシジルだけです。

● 育毛剤に効果がない理由

一般的な育毛剤に、フィナステリドとミノキシジルは含まれていません。AGAに有効とされる成分はフィナステリドとミノキシジルだけなので、これらを含まない育毛剤はAGAに効かないと考えられます。AGAの根本的な原因にアプローチできないからです。AGAはどのように対処すればよいのでしょうか。

育毛剤は効果なし!だったら薄毛治療はAGAクリニック

通販などで購入できる育毛剤にAGAを改善する効果は期待できません。育毛剤の利用を検討している方は、その他の対策を選びましょう。

● 育毛剤の相場

通販などで購入できる有名育毛剤の価格は1万円~1.5万円/月程度です。ここに育毛シャンプーや育毛サプリメントなどを追加すると2万円/月程度になります。1万円~2万円/月程度におさまる対策であれば、現実的な選択肢になります。

● AGAクリニックの相場

AGAにお悩みの方にオススメの対策がAGAクリニックです。AGAクリニックを受診すれば、専門医の管理のもとフィナステリドとミノキシジルを中心とした治療が受けられます。育毛剤に比べて信用性の高い対策といえます。また、はるかに高い効果を期待できます。

唯一の難点は費用です。AGAクリニックの費用の相場は3万円程度/月といわれています。育毛剤との差は1万円程度ですが、毎月になると負担感が大きくなります。AGAクリニックを受診する方は、事前に費用を調べておきましょう。

AGAクリニックの中には、フィナステリドやミノキシジル以外に注射や塗布薬などを勧めてくるところがあります。これらを利用すると費用は跳ね上がります。また、これらの中には、現時点では医学的な効果を認められていないものもあります。基本的に、注射や塗布薬などのオプションはつけないほうが良いでしょう。オプションを強く勧めてくるAGAクリニックはオススメできません。

オプション抜きでフィナステリドだけであれば、月1万円以内に収めることも可能です。最近では普通の皮膚科でも処方してくれるところが増えてきました。

● 最近流行りのコンビニクリニックの存在

AGAクリニックの費用に負担を感じる方は、コンビニクリニックを利用してみてはいかがでしょうか。コンビニクリニックとは、仕事帰りなどに気軽に立ち寄れる利便性の高いクリニックです。必要な内服薬などをサッと処方してくれる点が特徴です。

もちろん、コンビニクリニックでも、医師の管理のもとフィナステリドなど使った治療は受けられます。コンビニクリニックでAGA治療を受けた場合の費用の相場は5,000円/月程度です。効果を期待できない育毛剤より安いので、コンビニクリニックはAGAにお悩みの方にオススメの選択肢といえます。

まとめ

ネットで検索すると「育毛剤で毛が生えてきた」と記載しているサイトが少なくありません。本当に毛が生えてきたように思ってしまいますが、その可能性は薄いと考えられます。一般的な育毛剤に、AGAの改善に有効と認められたフィナステリドやミノキシジルは配合されていないからです。これらのサイトの多くは営利目的で運営されています。AGAにお悩みの方は惑わされないようにしましょう。

AGAの治療はAGAクリニックと一部のコンビニクリニック、そして皮膚科で受けられます。いずれも効果的な治療を受けられますので、お近くのクリニックに行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 健康

    首イボにクリームは効果なし!皮膚科へ行こう

    鏡を見たときや手で触れたとき、首にイボができているのに気がついたことは…

  2. 健康

    コンブチャって本当に体に良いの?色々調べてみた

    最近、コンブチャ・ダイエットが再流行なんて、雑誌や本に載っていて、ミラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の5記事

アーカイブ

  1. 体験談

    私が不眠症を改善させた方法は【3つの習慣】をやめたこと
  2. マスセレクション(おすすめ)

    【フォリオの実録レポート】100万円でテーマ投資を始めてみた
  3. 仮想通貨

    【2017年12月】ブロックチェーンラボ:チャーリータカ氏の暗号通貨セミナー(名…
  4. アフィリエイト

    アフィリサイトのレビューページでうまくいった4つの施策
  5. アフィリエイト

    酵素ドリンクのアフィリサイトで月10万円を稼げるようになった話。酵素ドリンク奮闘…
PAGE TOP