健康

首イボにクリームは効果なし!皮膚科へ行こう

Pocket

こんにちは、マス(@masumiyagi)です。

鏡を見たときや手で触れたとき、首にイボができているのに気がついたことはありませんか?首イボは見た目が良くないこともあって気になりますよね。

今回は、首イボができる原因や予防法、そして、首イボがなくなるとネットで評判になっている「首イボクリーム」の効果についてお話しします。

首イボってこういうもの

● 首イボはどんな人に多いの?

首イボの多くは、皮膚にできた良性の腫瘍で正式名称を「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」といいます「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」「軟性線維腫」「アクロコルドン」「スキンタッグ」とも呼ばれ、30代から高齢者まで、多くの人に見られる症状です。

首イボには女性の悩みというイメージがあるかもしれませんが、脂漏性角化症は皮膚の老化現象ですから男性にも見られます。

● ウィルス性のイボと何が違うの?

首イボは老化が原因であるのに対して、ウィルス性のイボ(尋常性疣贅<じんじょうせいゆうぜい>)はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で発生します。不適切な切除でウィルスを周辺に散すと、患部が大きくなったり、イボの数が増えたりすることもあります。通常、患部に痛みやかゆみを覚えることはありませんが、足の裏にできると、若干の痛みを感じることもあります。

首イボの原因

首イボ(老人性疣贅)の直接の原因は、皮膚表面の細胞に起こる遺伝子異常です。遺伝子を傷つけられた皮膚細胞が異常に増殖し肌から盛り上がってイボになってしまうのです。肌の色素細胞を刺激してしまうと、シミのもとでもあるメラニンを大量につくりだすことになるため、色の濃いイボに成長するケースもあります。

こうした皮膚表面の細胞の遺伝子異常は、いくつかの要因により引き起こされると考えられています。

● 紫外線

長期間にわたって日光に晒されることで、皮膚表面の細胞の遺伝子に異常が発生する場合があります。首と同じく日焼けしやすい顔についても、同じメカニズムでイボができることがあります。

● 老化

加齢によって皮膚細胞の遺伝子に異常が起こり、過剰に増殖してイボができるというパターンです。日光に当たらない腹部や鼠蹊部(そけいぶ。太ももの付け根の部分)などにできるイボは老化が主原因となることもあります。

また、「紫外線」と「老化」が重なることで、イボができやすくなるケースもあります。年齢を重ねると紫外線によるダメージを修復できなくなるため、遺伝子損傷による異常増殖を止められなくなってしまうのです。

● 乾燥

肌の乾燥も老化と同じく、皮膚細胞の修復能力が衰える原因となります。カサつきやすい、年齢が出やすいといわれる首ですが、乾燥を防ぐことは、首イボを防ぐことにも繋がるのです。

● 摩擦による肌のダメージ

タートルネックの服やアクセサリー類などが肌に密着し、こすれることによって皮膚が傷んで、異常を引き起こす場合もあります。首は、体の中でも比較的皮膚が薄い上に、汗をかきやすい部分でもあるため、ネックレスなどの金属類との摩擦によってトラブルを起こすことも考えられます。肌が弱い人は汗をかく季節だけでも、首周りのアクセサリーを控えるとよいでしょう。

そのほかにも遺伝的要因、心身のストレスなどが表皮細胞の老化を早めるのではないかなど、さまざまな要因が遺伝子異常の引き金になっていると考えられています。しかし詳しい仕組みについては、解明されていない部分も多いのが実情です。

首イボを予防する方法

首イボを予防するためには、発生の原因となるものから、首を守らなければなりません。日傘や帽子、ゆるめに巻ける薄手のストールなどで対策しましょう。

外出するときは、たとえ曇っていても紫外線ケアが必要です。日焼け止めは数時間ごとに塗り直すのが理想的です。それが難しい場合はスプレータイプの日焼け止め、UV効果のあるパウダーなどを利用するのもお勧めです。

同時に、日常的な保湿ケアを見直しましょう。化粧水や保湿ジェルなどの基礎化粧品は、普段から首にも塗ってくださいね。

首は、顔に比べてケアがおろそかになりがちですが、毎日自分の手で触れることによって、新たにイボができていないかをチェックできます。

そして、化粧品類による保湿だけではなく、室内の乾燥にも注意しましょう。大型の加湿器を置けない場合は濡れタオルを干しておくだけでも乾燥を防げます。

そのほかにも、アクセサリーや衣類などによる肌への過剰な摩擦を避けると同時に、肌のターンオーバーを促進するため規則正しい生活を心掛けることも大切です。すでに首イボができてる場合は、これ以上増やさないためにも、普段の暮らしを見直してみましょう。

首イボをそのままにしておくとどうなるの?

首イボの多くは良性の腫瘍なので、特に治療しなくても健康を害する恐れは低いといえます。しかし、見た目の悪さや衣類・アクセサリーとの擦れが気になり、医療機関を受診される方も少なくありません。

では特に気にならない場合、首イボはそのままにしておいても良いのでしょうか?

● 首イボは年齢とともに増えてしまう

100%とはいい切れませんが、首イボは高い確率で、加齢とともに増えていきます。細胞の老化は同時に、その遺伝子異常を自己修復する能力も衰えさせますので、紫外線や物理的な刺激を受けた際の、イボのできやすさも、加齢と共に高くなっていきます。

ですから、親や祖父母など、自分よりも年上の血縁者に首イボが多く出ていて、「自分はそうなりたくない」と思っている場合は、早めの対策を考えておきましょう。

● 首イボは早めの治療がお勧め

首イボを治療したいと考えたら、医療機関を受診するのがベストです。首イボが少ないうちに専門医からアドバイスをもらえれば、今後の予防法や、次に増えてしまった時の対処についても、前もって相談しておくことができます。

また、あまりにイボが増えてしまうと、レーザー照射やメスによる除去であっても、一度では取り除けなくなってしまうこともあります。首イボは、思い立った時が受診時であると考えてよいでしょう。

首イボにクリームは効果がない

「首イボ」や「首イボ 治し方」といったキーワードで検索すると、「塗るだけで首イボが取れる!」と謳うクリームやジェルなどの化粧品類がたくさん出てきますよね。

病院で処置を受けなくても、安価で首イボを治せると宣伝していますが、本当にそんな劇的な効果があるのでしょうか?

● 首イボクリームの主な成分

首イボに聞くと謳うクリーム類には、植物由来の成分が効果的であるとして、さまざまなエキスやオイルなどが配合されています。それらがどんなものなのか、簡単に見てみましょう。

1.ヨクイニン

漢字で書くと「薏苡仁」。ハトムギの種子に含まれる成分で、「薏苡仁湯(よくいにんとう)」の名で、漢方薬(内服薬)としても利用されています。漢方薬の薏苡仁湯には免疫細胞を活性化させる効果があり、細菌やウィルスへの抵抗力を高める効果があります。

「薏苡仁湯」がイボの治療に効果を発揮するとすれば、それは前述のウィルス性のイボ、「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」に対してだけです。首イボの大半は「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」ですから、「薏苡仁湯」の服用(内服)で首イボが改善する可能性はかなり低いと考えられます。勿論、ヨクイニンエキスを含む化粧品を塗るだけで、首イボが取れるということも、まずないといえるでしょう。

2.杏子オイル

杏仁オイルとも呼ばれ、杏子の種の「仁」の部分から採れる油です。保湿効果が高いため、外用すれば肌の乾燥を防ぐ効果はありますが、ヨクイニンと同じく、それを含んでても、既にできてしまった首イボが改善されるわけではありません。

3.ドクダミエキス

ドクダミのエキスを含む漢方薬「十薬(じゅうやく)」には、便秘や慢性的な皮膚炎に効果があるとされていますが、そもそも首イボは皮膚炎ではありません。首の「吹き出物」にお悩みの方にとっては、この十薬は効果があるかもしれませんが、残念ながら首イボには効かないのです。

4.オウバクエキス

キハダという柑橘系の植物の樹液から抽出されるオウバクエキスには抗菌作用があり、これを用いた漢方薬「黄柏(おうばく)」は、整腸剤として内服されたり、消炎薬として外用されたりと、さまざまな症状に活用されています。しかし、これもドクダミエキスと同じように、効果があるとすれば「吹き出物」に対してであって、塗ることで首イボの改善に繋がるわけではありません。

● 首イボクリームで首イボが治らない理由

首イボと並ぶ良性腫瘍の代表格として、濃い色で目立つホクロが挙げられます。現在、皮膚科や美容外科・美容皮膚科では、レーザー照射やメスでの切除によるホクロの除去手術がおこなわれていますが、これは、こうして物理的に除去するのが一番安全で確実な方法だからです。

ホクロも首イボと同じ良性腫瘍の一種ですが、ホクロがクリームでは取れないように、首イボもクリームでは除去できないのです。

そもそも、塗るだけでイボが取れるような化粧品があるとすれば、それは化粧品ではなく、医薬品の扱いになるはずです。そして、塗るだけで人間の体から腫瘍を分離するような、劇的な効果のある医薬品が医師の処方なしで販売され、誰でも買える状況にあるということであれば、それはまた別の問題に繋がってきます。

● 首イボクリームを紹介するサイトを信じてはいけない

何故首イボにクリームを塗ろうとする人が多いのかと言うと、クリームを紹介するサイトの存在があります。Googleで「首イボ」と検索すると、『艶つや習慣』や『クリアポロン』といった、首イボに効果がありそうな商品を紹介するサイトがたくさん出てきます。

それらのサイトは広告費をもらって運営しており、例えば首イボクリームがそのサイトを経由して売れる度に、2,000円や3,000円といった紹介手数料をもらっているのです。そして残念ながらサイト運営者は紹介手数料をもらうことにしか興味がなく、そのクリームに効果があるかどうかには関心が無い人がほとんどです。

ネット広告の闇と言ってもいいかもしれません。

首イボを治したい!

首イボはクリームでは取れないと判って、ショックを受ける方もいらっしゃるかもしれませんね。では、首イボの治療には、どんな方法が確実なのでしょうか。

● 首イボが気になったら皮膚科へ

今ある首イボを何とかしたい、これ以上は増やさないようにしたいと思ったら、皮膚科医へ相談するのが確実です。自分の首イボが「老人性、ウィルス性、悪性腫瘍」のどれに当たるのかなど、診断してもらいましょう。

そのうえで具体的な治療方法について相談してみてください。かかりつけの皮膚科医の意見が自分に合わないようであれば、首イボ処置に力を入れている皮膚科医を受診してみるのもよいでしょう。さまざまな情報を得たうえで、自分はどうしたいかをよく考え、治療方針を立ててくださいね。

まとめ

首イボの多くは紫外線や皮膚の老化、乾燥などにより発現します。年齢を重ねるとともに増えやすくなるので、紫外線対策や保湿といった予防策を取りましょう。できてしまった首イボについては、クリームなどの化粧品では治せませんので、早めに皮膚科医に相談して対処しましょう。

関連記事

  1. エッセンス

    私が不眠症を改善させた方法は【3つの習慣】をやめたこと

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。私は小さな頃か…

  2. エッセンス

    【上がり症対策】βブロッカー「ミケラン錠」という薬が効いた

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。人前で話す時に…

  3. 健康

    コンブチャって本当に身体にいいの?

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。最近、コンブチ…

  4. 体験談

    コーヒーやカフェインをやめる具体的な方法

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。以前、私が不眠…

  5. エッセンス

    育毛剤は効果なし?最適な薄毛対策を徹底解説

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。ネットで育毛剤…

  6. 体験談

    【体験談】次男が川崎病で入院した時のことを振り返る

    こんにちは、マス(@masumiyagi)です。この記事は次男…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の5記事

アーカイブ

  1. アフィリエイト

    アフィリサイトのレビューページでうまくいった5つの施策
  2. 仮想通貨

    松宮義仁【NAGEZENI】購入と解約返金の記録
  3. 体験談

    【体験談】ダイナースプレミアムの詳細と使ってみて感じたメリット
  4. 健康

    コンブチャって本当に身体にいいの?
  5. 健康

    首イボにクリームは効果なし!皮膚科へ行こう
PAGE TOP